足が熱い、火照りの原因

足の火照り

こんにちは。
茨城県つくば市の、足つぼ×リンパマッサージ×整体サロンRです。

先日お越しくださったお客様で、足の火照りの症状がある方がいましたので、原因についてブログでもシェアさせて頂きます。

病気やケガではない場合、下記のような原因が考えられますので参考にしてください。

足の火照りの原因

自律神経の乱れ

ストレスや寒暖差、ホルモンバランスの崩れなどにより、自律神経が乱れて体温をうまく調整できず、足が火照ってしまいます。

隠れ冷え性(血行不良)

足が熱いので冷え性の自覚がない方が多いですが、隠れ冷え性の可能性もあります。
血液は心臓から送り出されて、手足など体の末端まで流れてから心臓に戻っていきます。
しかし、冷え(血行不良)により、心臓に戻るべき血液が足に滞ってしまい、熱がこもって熱く感じてしまいます。

内臓の冷え

冷たい物の取りすぎで内臓が冷えると、内臓を守るための熱が逃げてしまい、末端の手足に熱を帯びてしまいます。
夏など暑い時期に冷たい物を取りすぎると、冷え体質を作ってしまうので気をつけましょう。

疲労

運動や立ち仕事などで足に疲労が蓄積して、熱を帯びる場合もあります。

寝る前に足が火照るのは?

本来、就寝前に手足などの末端から熱が発散され、体温は下がります。
しかし、冷え(血行不良)の場合、血液が滞ってしまうので熱が発散されずこもってしまいます。
その結果「足が火照って眠れない」ということになってしまうのです。

不眠

足の火照りの対策

これらの原因を踏まえて考えると、ストレスを溜め込まず、体を冷やさないようにすることが大事です。

リラックスする時間を作ったり適度な運動、ゆっくり湯船に浸かって入浴、常温や温かい物を取ることを心がけてください。

また、足つぼ・リンパマッサージも効果的です。

自律神経や内臓、血液、リンパなど体の内側に働きかけることができるので、様々な症状の予防・改善につながります。

当店の足つぼ・リンパマッサージメニューはこちらです。

どうぞお気軽にご利用ください。

自律神経についてはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 夏は冷え体質を作りやすい

  2. 体内の水分も冷え性の原因

  3. 足がつりやすい人は冷え性が多い