下肢静脈瘤とは?簡単解説

下肢静脈瘤

こんにちは。
茨城県つくば市の、足のむくみ専門サロンRです。

今回は、足のむくみと関係がある下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)について。

下肢静脈瘤とは?

下肢静脈瘤は、足の血管の病気です。

下肢は足のことで、足の血管(静脈)に瘤(こぶ)のようなものができます。

自然に良くなることはなく、重症化すると手術が必要なこともあります。

心臓から血液が体の末端まで流れていく血管が動脈。

血液が心臓に戻る血管が静脈です。

血管、リンパ管

下肢静脈瘤の症状

  • 血管が目立つ(ボコボコ・網目状・クモの巣状)
  • むくみ・ダルさ・重さ・火照り
  • かゆみ・むずむず感・不快感
  • 足がつる(こむら返り)
  • 湿疹・色素沈着・潰瘍

血管が目立つ場所は、太もも、すね、ふくらはぎ、膝裏、くるぶし周辺が多いです。

ボコボコしていたり、皮膚の表面に浮き出たり、紫色で細かい網目状やクモの巣状に見えます。

重症化する場合は、専門の病院を受診されることをお勧め致します。

下肢静脈瘤の原因

足まで流れた血液が心臓に戻るには、重力に逆らって上がらなければなりません。

ふくらはぎの筋肉が伸縮してポンプのように働き、血液を押し上げて流れていきます。

ふくらはぎポンプ

また、静脈の途中に静脈弁があるので、下に逆流しないよう支えています。

ふくらはぎの筋肉が弱くなったり、静脈弁が壊れると、静脈内に血液が溜まり静脈瘤になってしまいます。

静脈瘤になりやすい人の特徴

  • 女性
  • 高齢者
  • 妊娠・出産
  • 立ち仕事
  • 遺伝
  • 便秘
  • 肥満

また、足のむくみを放置していると、静脈瘤になったり、症状が進行して重症化する場合もあります。

「たかがむくみ」と放置せずに、早めに改善しましょう。

足のむくみ改善が、静脈瘤の予防や進行を抑えることにつながります。

足のむくみが気になる、これって静脈瘤かも?という方は、進行する前にケアしましょう!

早めにケアすることで、重症化や手術を回避できます。

どうぞお気軽にご利用ください♪

メニューはこちらです。

ご予約フォーム

関連記事

  1. セルライト

    足が太いのはむくみ?脂肪?

  2. つくば更年期障害

    更年期のむくみの原因

  3. 下肢静脈瘤改善

    下肢静脈瘤改善【つくばサロンR】